読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

www.ysaletoo.netスーパーコピーブランド,最高品質のブランドコピー専門店!

当店は10年渡り信用のスーパーコピーブランド時計,バッグ,財布激安老舗で、本物と もっとも似ている最高品質の素材を使用し、全商品写真は100%実物撮影です!www.ysaletoo.net

海外の時計記事 Seiko Media Experience Tour

海外の時計記事 Seiko Media Experience Tour

日本よりも海外のほうが時計関連メディアが充実してるので頻繁に見てるのですが、
なかなか良い記事があったので、そのご紹介です。

"Seiko Media Experience 2015 Tour"という、
セイコースーパーコピー時計メディア関係者を招いたツアーのレビュー記事なのですが、非常に読み応えがあります。
英語ですがそんなに難しくないと思うので、ぜひ読んでみてください。

よく見かける盛岡だけでなく塩尻にも同じボリュームが割かれ、
しかもクレドールをやっているマイクロアーティスト工房だけでなく
スプリングドライブと9Fクォーツにも多く触れられているのが良いですね。

それにしても、クレドールの叡智のムーブメントの仕上げはいつみても素晴らしいクオリティです。
エッジを深く入れつつ、曲面に仕上げたうえで鬼の磨き。
日本製ムーブは仕上げという点では総じてそこまでハイレベルではないですが、叡智だけは別格です。

ここは磨きに「ジャンシャン」を使っていることからも分かる通り、
フィリップ・デュフォー氏の薫陶を受けているので工房に写真が飾ってあると、記事でも触れられていますね。
叡智は仕上げだけ見ればシンプリシティと比べても遜色ないレベルだと思います。

他にも写真が豊富なだけでなくサイズが大きいだとか良いポイントはあるのですが、
個人的にはこの一節が印象に残りました。

セイコーが非常にオープンで将来のプロジェクト以外は包み隠さず公開しているのに対し、
スイスやドイツのブランドは自社生産ではないパーツを見せないためか、とかく閉じられた扉の向こうに隠したがる」

セイコーこそが真のマニュファクチュールで、スイスやドイツのブランドは隠すからなんとも言えない」

ざっくり言うとこんな意味です。

自分は雑誌やメデイアで喧伝されるマニュファクチュールという言葉に価値はないと思っているので
(最も優れた時計を作っていた懐中時計の時代は徹底的な分業体制で、自社生産に拘るマニュファクチュールは同じ質なら値段が上がるだけ)
特に魅力は感じないのですが、この内容自体はその通りですね。
マニュファクチュールであることに価値を見い出す人は、セイコーを持ってないとおかしいでしょう。

リンク先はまだパート1で、盛岡と塩尻の工房ツアーだけでこの分量です。
アストロンとプロスペックスの話と、
セイコーミュージアム訪問と服部会長インタビューがパート2、3として残ってるので楽しみです。

セイコースーパーコピー時計通販専門店、精巧に作られたのセイコースーパーコピー, 業界最高峰のセイコースーパーコピーブランド偽物N級品は本物と同じ素材を採用し ています。大人気ブランドコピー時計